発見された未確認生物!UMAだった不思議な12の動物たち

未確認生物 発見

発見された未確認生物UMA

その存在が確認されていない未確認生物。その正体の多くは誤認や虚偽の報告だといわれてきました。しかし、未確認生物の中にはその個体が発見さたことにより実在することが認められた動物たちも存在します。そんな元未確認生物たちの中には今では動物園で観ることができるものも含まれています。
今回は実際に発見され、未確認生物ではなくなった動物たちをご紹介します。

 
合わせて読みたい関連記事
こんなにいるのか未確認生物!不思議で奇妙な謎の動物
未確認生物UMA!ネッシーの全てとその正体に迫る
怖すぎる未確認生物UMA!チュパカブラの正体

スポンサーリンク



 

①イッカク

イッカクはその名のとおり大きな1本の角を持つクジラの仲間です。この角は正確には長く伸びた牙で、中には神経が張り巡らされています。この牙は雄のイッカクのみ発達しており、雌へのアピールや周囲の環境の変化を感じ取るのに使われると考えられています。イッカクはその不思議な姿と生息域への侵入の難しさから19世紀頃までは伝説上の未確認生物とされていました。

イッカク
出典:wikipedia,tenmainfo

 

②ゴリラ

動物園に行けばいつでも観れるゴリラですが、19世紀に正式に確認されるまでは空想上の未確認生物とされていました。目撃情報に対して当時の動物学者たちは「そんなに大きな類人猿がいるわけがない」と存在を信じなかったそうです。ゴリラは生息地がジャングルの奥地であったため、人類の開拓が難しく発見が遅れることになりました。

ゴリラ

出典:wikipedia,pixabay

 

③ダイオウイカ

世界最大の頭足類であるダイオウイカは「クラーケン」など海の未確認生物の正体とされています。普段は深海に生息しているため目撃されることが極端に少なく、昔の人々は巨大な頭足類を船を沈める海の魔物だと考えていました。

ダイオウイカ

出典:wikipedia,do-butsu

 

④オカピ

オカピは馬のような上半身とシマウマのような下半身を持つキリンの仲間です。このオカピも20世紀に入ってその存在が確認されるまでは未確認生物とされていました。その美しい模様から「森の貴婦人」と呼ばれています。非常に警戒心が強く、現在でも詳しい生態はわかっていません。

オカピ
出典:wikipedia,Raul654

スポンサーリンク



 

⑤セイウチ

大きな体と長い牙が特徴のセイウチも恐ろしい海の未確認生物とされていました。セイウチは北極海などに生息しており、長いあいだその詳しい生態は明らかになりませんでした。13世紀頃のヨーロッパ人たちはセイウチを「クジラゾウ」と呼び、その巨体や長い牙から非常に獰猛な動物であると考えられていました。

セイウチ

出典:umafan,A. C. Tatarinov

 

⑥カモノハシ

カモノハシはビーバーのような体に鳥のようなクチバシ、毒のある爪を持つ非常に奇妙な生物です。あまりにも不思議な姿をしていたため、発見された当時はその毛皮やスケッチはねつ造品という扱いを受けました。現在はすっかり認知されているカモノハシですが、未確認生物とされていた時代がありました。

カモノハシ
出典:wikipedia,Kersti Nebelsiek

 

⑦パンダ

動物園の人気者パンダも未確認生物とされていた過去があります。中国の森の奥深くに生息していたパンダはその個体が正式に発見されるまでは空想上の動物だと考えられていました。また、中国ではパンダは金属を食べてしまうという言い伝えもあったそうです。

パンダ
出典:wikipedia,pixabay

 

⑧コモドドラゴン

コモドドラゴンの正式名称は「コモドオオトカゲ」で、20世紀に正式に発見されるまでは伝説上の未確認生物でした。昔の人々は東南アジアのある島には巨大なドラゴンがいると噂していたといいます。実際にコモドドラゴンは3m以上に成長し、歯には毒があり、さらには交尾なしに子供を産む(単性生殖)など非常に奇妙な生物です。

コモドドラゴン
出典:wikipedia,pixabay

スポンサーリンク



 

⑨コビトカバ

コビトカバは体長150cmほどの小型のカバです。一般的なカバが3~4mほどに成長することを考えればコビトカバがいかに小さいかわかります。コビトカバは発見当時、そのあまりの小ささからカバの奇形だと判断され種としての存在を認められることはありませんでした。1900年代になって個体が捕獲され、存在が認められた経緯があります。

コビトカバ
出典:wikipedia,Fungus Guy

 

⑩リュウグウノツカイ

リュウグウノツカイは深海に生息していることから目撃例が少なく、日本でも長くのあいだ伝説上の未確認生物とされてきました。リュウグウノツカイは日本における人魚伝説のモデルと考えられており、地震や嵐などの天災を知らせる「竜宮の使い」からその名前が付けられました。正式に発見されて以降その神秘的な姿からメディアなどでも取り上げられ、現在ではすっかり知られるところとなりました。

リュウグウノツカイ

出典:wikipedia,Mgiganteus

 

⑪イリオモテヤマネコ

イリオモテヤマネコは沖縄の西表島に生息し、日本の特別天然記念物に指定されている動物です。20世紀に入るまでその存在が確認されておらず、現地の人々にとっては正体不明の未確認生物だったといいます。イリオモテヤマネコは原始的なネコ科動物の特徴を持っており、20世紀最大の発見といわれました。

イリオモテヤマネコ
出典:wikipedia,rinya.maff.go

 

⑫シーラカンス

シーラカンスは1983年に生存が確認されるまで6500万年前の白亜紀で絶滅したと考えられていた古代魚です。絶滅したといわれていたにも関わらず、シーラカンスに似た奇妙な魚は古くから目撃されており未確認生物として扱われていました。シーラカンスは深海に適応して生き延びており、同じように他の水棲絶滅種の生存も期待されています。

シーラカンス

出典:wikipedia,photo-ac

 

いかがでしたか?新種の生物は毎年数えきれないほど報告されています。現在未確認生物として語られている生物でも今後新種として発見されるかも知れないと思うとロマンがありますね。


スポンサーリンク






こんな記事も読まれています



スポンサーリンク


注目記事ピックアップ!

  1. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  2. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  3. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  4. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  5. ポルターガイスト現象 そんなことまで起きちゃうの!ポルターガイスト現象の恐怖
  6. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  7. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  8. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  9. 未確認飛行物体 目撃されるUFOは本物なのか?不思議なUFOの写真とその正体
  10. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20

合わせて読みたい特集記事!

  1. アプリ おすすめ おすすめの新作アプリ!無料で楽しめる人気のスマホゲームランキング
  2. パラレルワールド パラレルワールドは存在する!行った人の体験談と行く方法
  3. デジャブ デジャブの原因は何?異世界との関係と起こりやすい人の特徴
  4. シリウス シリウスは超新星爆発するのか?最も明るい天体の真実12
  5. アテナ そもそもアテナって何者?美しき知略の女神の意外過ぎる真実8
  6. 太陽 特殊すぎる太陽の環境と謎!不思議で壮大な太陽の真実18
  7. 未来人 未来人の予言と書き込み!彼らは本当に未来から来たのか
  8. 宇宙人 宇宙人は存在する!エイリアンの種類とフェルミのパラドックス
  9. 深海魚 不思議な深海魚たち!怖いのキモいのかわいいの?
  10. サメの種類はこんなにある!不思議で奇妙な18のサメ

フォローして最新記事を受け取ろう!

人気記事ランキング!

  1. 未解決事件真相
  2. オーパーツ
  3. ブラックホールの中
  4. パラレルワールド
  5. 未確認生物 発見
  6. 未解決事件日本
  7. 都市伝説 怖い
  8. 世界 謎
  9. 未確認生物
  10. 超能力 一覧
  11. 恐竜
  12. 巨大生物 画像
  13. 危険生物
  14. 深海生物
  15. 人類 滅亡
  16. ドッペルゲンガー
  17. 人体冷凍保存
  18. 神隠し
  19. 恐竜 絶滅
  20. 宇宙 謎
PAGE TOP