ブラックホールとは?ブラックホールの全てとその謎に迫る

ブラックホールとは


SF映画や小説で頻繁に描かれる「ブラックホール」。しかし、私たちはそれについてあまり詳しく知りません。

今回はそんなブラックホールについてご紹介します。
 
合わせて読みたい関連記事
目がおかしくなりそう!ブラックホールの中は不思議な空間
未だ解明されていない!ロマンあふれる宇宙の謎
宇宙の始まりは?ビッグバンと誕生前の宇宙

スポンサーリンク



 

ブラックホールとは?

ブラックホールとは、あまりに大質量で高密度、強重力を持つために物質はもちろんのこと光すら抜け出すことができない天体のことです。「ブラックホール」という呼び方は、1967年にアメリカの物理学者であるジョン・ホイーラーによって付けられました。

ブラックホールとは?

あまり知られていませんが、それ以前は「コラプサー」と呼ばれていました。「コラプサーとは崩壊した星」という意味です。光を捕らえることで観測上は黒く見える(正確には見えていない)ことからブラックホールという呼び名がイメージに合い世界中に浸透しました。

ブラックホールの中は私たちの想像を遥かに超えています。目がおかしくなりそうなブラックホールの内部については関連記事にまとめています。

合わせて読みたい関連記事
目がおかしくなりそう!ブラックホールの中は不思議な空間

 

ブラックホールの観測方法は?

ブラックホールはその性質から目視での観測は非常に難しいといわれています。あまりに重力が強いため光が事象の地平面から抜け出せないからです。

ブラックホールの観測方法は?

しかし、X線源の観測や質量の指定などから間接的に観測を行うことが可能です。もし、ブラックホールが目視できるとすれば回転する黒い円のように見えるそうです。
 

事象の地平面とは?

ブラックホールは非常に強い重力を持ち、その半径より内側では脱出するための速度が光速を超えてしまいます。

事象の地平面とは?

この半径のことを「シュヴァルツシルト半径」と呼び、この半径を持つ球面を「事象の地平面(シュヴァルツシルト面)」と呼ぶのです。この事象の地平面からは光であっても抜け出すことはできません。
 

特異点とは?

ブラックホールには重力と密度が無限大(イメージが難しいですが)である場所が存在するといわれています。それが「重力の特異点」と呼ばれています。

特異点とは?

重力が無限大に存在するとは地球に暮らす私たちには想像することが困難ですね。

スポンサーリンク



 

ブラックホールのできる条件は?

ブラックホールの誕生は星の死に深く関係しています。通常星が最期を迎える際、その質量が太陽の数倍までであれば膨張した後に収縮し白色矮星となりゆっくり冷えてその一生を終えます。

しかし、質量が太陽の8倍以上あれば膨張した際、中心部では核融合によって質量の高い元素が次々に作られます。やがて中心部は熱を失い収縮していきますが、このとき星の収縮と同時に重力の収縮が起こります。

この重力収縮によって物質が激しく吹き飛ばされるのが「超新星爆発」です。

ブラックホールのできる条件は?

さらに太陽の30倍以上の質量を持つ星では重力のあまりの強さに、超新星爆発後も核が収縮を続けます。この現象は「重力崩壊」といわれています。

重力崩壊の段階では星の収縮を阻害するものが存在しないため、永久に収縮し続けます。この状態になった天体を「ブラックホール」と呼ぶのです。

しかし、ブラックホールには複数の種類があることが確認されており、それぞれによって誕生する条件が異なり、その詳細は未だに解明されていません。

宇宙にはブラックホール以外にも謎とされている事象が数多く存在しています。未だ解明されていない宇宙の謎については関連記事にまとめています。

合わせて読みたい関連記事
未だ解明されていない!ロマンあふれる宇宙の謎10

 

ブラックホールの種類

ブラックホールは三種類存在するといわれています。

ひとつめは上で説明した恒星ブラックホールです。この恒星ブラックホールは私たちの銀河だけで数億存在するといわれています。

三種の中では最も小さく、巨大な恒星が崩壊するときに誕生します。太陽の3倍の質量を持ちますが1都市程度の大きさしかありません。

ブラックホールの種類

ふたつめは超大質量ブラックホールです。このブラックホールは名前からもわかるとおり最も大きなブラックホールになります。

このブラックホールの発生条件はよくわかっていません。半径が太陽とほぼ同じ大きさですが、なんと10億倍の質量を持っています。天の川などの銀河の中心にあるといわれています。

みっつめは中間質量ブラックホールです。恒星ブラックホールと超大質量ブラックホールの中間的な位置付けで、恒星が連鎖的に崩壊するときに形成されるといわれています。2014年に発見された比較的新しいブラックホールです。
 

ブラックホール周囲の時間

ブラックホールの周囲では時間はゆっくり流れるといわれています。重力が強ければ強くなるほど時間は流れる速度は遅くなります。

ブラックホール周囲の時間

また、事象の地平面を超えると時間は止まって見えるといわれています。アインシュタインが提唱した相対性理論と意外な逸話については関連記事にまとめています。

合わせて読みたい関連記事
天才アインシュタインの意外過ぎる逸話!日本や核兵器にも関係ある?

スポンサーリンク



 

ブラックホールのエネルギー「ホーキング放射」

事象の地平面を超えてしまえばそこから抜け出すことは不可能であるため、ブラックホールはエネルギーを吸収するのみと考えられてきました。しかし、1970年代にスティーブン・ホーキング博士がブラックホールが事象の地平面周囲にエネルギーを放出していることを証明しました。

ブラックホールのエネルギー「ホーキング放射」

これらは「ホーキング放射」と呼ばれ、真空の量子的ゆらぎによって起こるのだといいます。現在、このエネルギーを利用する研究が行われています。
 

ブラックホールの消滅

ホーキング放射が判明したことにより、ブラックホールもいずれは消滅することがわかってきました。ホーキング放射は、通常であれば打ち消し合うはずの粒子と反粒子が事象の地平面では打ち消し合わず、片方が流出することで発生しています。

ブラックホールの消滅

粒子を放出し続けることでブラックホールはエネルギーを失い、長い時間をかけてやがては蒸発してしまうのです。

宇宙で大規模な天体現象が起これば、それは地球に暮らす私たち人類にも影響を与えます。考えられる人類滅亡の原因については関連記事にまとめています。

合わせて読みたい関連記事
こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20

 

ブラックホールの中に落ちるとどうなるのか?

ブラックホールに飲み込まれた場合、重力によって人体は引き延ばされ、スパゲティのようになるといわれています。これは「スパゲティ化現象」と呼ばれ、イギリスの宇宙物理学者であるマーティン・リースによって提唱されました。スパゲティ化した物体は感じる間もないほど高速で原始より小さな粒子になってしまうそうです。

ブラックホールの中に落ちるとどうなるのか?

また、仮に超大質量ブラックホールに落ちることができれば、姿を保ったままブラックホールの中で生きていられる可能性があるのだそうです。その場合、時空の屈曲を確認でき、ブラックホールに吸い込まれた他のものも見ることができます。

さらには時間がゆっくり流れるため、ビックバンからこれから先の未来まで宇宙の歴史全てを同時に見ることになるのだそうです。
 

ホワイトホールとは?

ホワイトホールはアインシュタインの一般相対性理論から導き出された理論上存在する天体です。ブラックホールが事象の地平面から光や物質を吸い込むのに対し、ホワイトホールは事象の地平面からそれらを吐き出します。

ホワイトホールとは?

ブラックホールとホワイトホールは同じ天体と考えられており、それぞれが繋がっているといわれています。しかし、ホワイトホールが吐き出した先は「パラレルワールド」になっており、私たちが存在する宇宙とは別の宇宙になります。

また、数学的に存在の可能性があるというだけで観測されたことはありません。

別の宇宙には一体何者が存在しているのでしょうか?現在では存在の可能性が高いと言われるようになった宇宙人については関連記事にまとめています。

合わせて読みたい関連記事
宇宙人は存在する?エイリアンの種類とフェルミのパラドックス

 

ブラックホールの動画「星を切り裂くブラックホール」

下の画像はブラックホールが星を吸収し、切り裂いてしまう場面をシミュレーションしたものです。恐ろしくもとても神秘的な光景ですね。


 

いかがでしたか?事象の地平面や特異点など地上で生きている私たちにはイメージしにくい世界ですね。しかし、だからこそ想像を掻き立てられます。

出典:Wikipedia,huffingtonpost


スポンサーリンク






こんな記事も読まれています



関連記事

  1. 火星

    移住計画にピラミッド!あなたの知らない火星の真実20

  2. 宇宙エレベーター

    実現の日は近い!宇宙エレベーターの仕組みと課題

  3. 宇宙の始まり

    宇宙の始まりは?ビッグバンと誕生前の宇宙

  4. 土星

    巨大なのに水に浮く?不思議で奇妙な土星の真実18

  5. 月

    月の謎やアポロ計画!身近な月の奇妙な真実16

  6. 日本の世界遺産!守るべき風景と歴史的建造物

  7. ベテルギウス

    ベテルギウスは消滅するのか?超新星爆発が迫る恒星の真実12

  8. 地球温暖化

    地球温暖化って結局どうなってるの?現状の問題点と今からできる対策

  9. ブラックホールの中

    目がおかしくなりそう!ブラックホールの中は不思議な空間

スポンサーリンク


注目記事ピックアップ!

  1. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  2. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  3. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  4. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  5. ポルターガイスト現象 そんなことまで起きちゃうの!ポルターガイスト現象の恐怖
  6. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  7. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  8. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  9. 未確認飛行物体 目撃されるUFOは本物なのか?不思議なUFOの写真とその正体
  10. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20

合わせて読みたい特集記事!

  1. アプリ おすすめ おすすめの新作アプリ!無料で楽しめる人気のスマホゲームランキング
  2. パラレルワールド パラレルワールドは存在する!行った人の体験談と行く方法
  3. デジャブ デジャブの原因は何?異世界との関係と起こりやすい人の特徴
  4. シリウス シリウスは超新星爆発するのか?最も明るい天体の真実12
  5. アテナ そもそもアテナって何者?美しき知略の女神の意外過ぎる真実8
  6. 太陽 特殊すぎる太陽の環境と謎!不思議で壮大な太陽の真実18
  7. 未来人 未来人の予言と書き込み!2062年の未来人とジョン・タイターの謎
  8. 宇宙人 宇宙人は存在する?エイリアンの種類とフェルミのパラドックス
  9. 深海魚 不思議な深海魚たち!怖いのキモいのかわいいの?
  10. サメの種類はこんなにある!不思議で奇妙な18のサメ

フォローして最新記事を受け取ろう!

人気記事ランキング!

  1. 未解決事件真相
  2. パラレルワールド
  3. オーパーツ
  4. ブラックホールの中
  5. 都市伝説 怖い
  6. 世界 謎
  7. 恐竜
  8. 未確認生物 発見
  9. 未解決事件日本
  10. 超能力 一覧
  11. 未確認生物
  12. ノストラダムス
  13. 人類 滅亡
  14. 巨大生物 画像
  15. イルミナティ
  16. 人体冷凍保存
  17. 恐竜 絶滅
  18. ドッペルゲンガー
  19. 危険生物
  20. 深海生物
PAGE TOP