太古の巨大鮫メガロドン!生存の可能性と目撃事例に迫る

メガロドン

古代の海を支配した巨大ザメの「メガロドン」。今回はメガロドンの生態と生存の可能性についてご紹介します。
 
合わせて読みたい関連記事
最新のティラノサウルス!恐竜王者の全てとその魅力に迫る
不思議な深海魚たち!怖いの、キモいの、かわいいの?
サメの種類はこんなにある!不思議で奇妙な18のサメ

スポンサーリンク



 

メガロドンとは

メガロドンは今からおよそ150万年前の海に生息していた太古の巨大なサメです。現存する人食いザメであるホホジロザメに近い仲間であることがわかっていますが、その大きさは比べ物になりません。その巨大さと獰猛な捕食者であるホホジロザメに似た姿から古生物ファンのあいだでは非常に人気の高い絶滅動物です。

メガロドンとは
画像:karencarr

メガロドンは軟骨魚類のサメの仲間であるため歯以外の部位が化石になることはありません。そのため全身骨格から詳細な姿を復元することは不可能です。しかし、歯の特徴が現存するホオジロザメに酷似していることから巨大なホオジロザメのような姿であったと考えられています。

出典:en.wikipedia

 

メガロドンの大きさ

メガロドンは全身の化石が発見されないため正確な大きさはわかっていません。しかし、ホオジロザメに近い仲間であることから歯の大きさを比較してその体長が復元がされています。それによるとメガロドンの体長は13~20mという大きさになるのだそうです。現存する最大の肉食魚であるホオジロザメは6m程度で、最大の魚類ジンベエザメですら13mほどです。メガロドンが如何に巨大なサメであるかがわかりますね。

メガロドン 大きさ
画像:Matt Martyniuk

メガロドンは誤った復元方法により、その体長が30~40mもあるとされていた時代がありました。これは最大サイズの歯のみを使って口の大きさを復元した結果で、実際のメガロドンには大小様々な歯が生えていたことがわかっています。この事から現在、メガロドンの平均個体は体長13mほどで、最大個体でも20mくらいまでにしか成長しなかったと下方修正されました。しかし、平均個体でもホオジロザメの倍以上の大きさがあり、最大個体に至っては3倍をゆうに超えています。また、ホオジロザメの体重は1tほどですが、最大個体のメガロドンは30倍の30t近くもあったと考えられています。

出典:en.wikipedia

 

メガロドンの生きた時代

メガロドンは地球史の新生代第三紀という時代に生息していました。当時の海は現在よりも暖かくクジラなどの大型海洋哺乳類が繁栄していました。

メガロドン 時代

メガロドンはこのクジラなどを獲物としており、当時の海洋生態系の頂点に君臨する捕食者でした。実際にこの時代の地層から発見されるクジラの化石からはメガロドンに襲われたものと見られる傷跡が見つかっています。

出典:en.wikipedia,suggestions

スポンサーリンク



 

メガロドンはなぜ絶滅したのか?

当時の海を支配していたメガロドンはなぜ絶滅してしまったのでしょうか?その原因は大きく分けてふたつあるといわれています。ひとつめは海の寒冷化です。非常に温暖だった第三紀の海も後期に入ると寒冷化が進み氷河が形成されるようになりました。メガロドンを含むサメの仲間は変温動物であるため気温変化の影響を受けやすいといわれています。また、恒温動物であるクジラが寒冷な海域に逃げ込んだため体の大きなメガロドンは深刻な食糧不足に陥ります。しかし、寒冷化が進んだ時代の地層からもメガロドンの化石が発見されているため、ある程度は寒冷な海に適応していたのではないかといわれています。

シャチ
画像:birdy

ふたつめはシャチの出現です。恒温動物であり強い骨格を持つシャチの発生は当時の海の生態系を大きく変えるものでした。一般的にサメは浮袋を持たないため巨大化するほど泳ぐスピードが遅くなるといわれています。しかし、シャチは巨大な体を持っていても非常に高速で泳ぐことができました。このシャチの出現によりメガロドンは生態的地位を奪われ絶滅してしまったのだといわれています。

出典:en.wikipedia

 

メガロドンの歯

メガロドンは軟骨魚類であるため化石化した歯からしか生きていた姿や生態を予想することができません。メガロドンの歯はとても巨大でホオジロザメと比べるとその大きさがよくわかります。

メガロドン 歯

現在、復元されるメガロドンは歯の大きさがホオジロザメのX倍であることから、そのまま体もX倍したというものです。そのためメガロドンは巨大なホオジロザメとして描かれることがほとんどです。しかし、メガロドンが生きていた時代は今から150万年前と古生物にしては比較的新しいためサメの姿が劇的に変化しているとは考えにくく、復元予想が大きく外れることはなさそうです。

出典:en.wikipedia,Brocken Inaglory

 

メガロドンの化石

ファンの多いメガロドンですが、その化石を購入することができることをご存知でしょうか?調べてみたところメガロドンの歯の化石は安いものなら5000円から販売しているようです。大きいものや状態が良いものでは15万円ほどするようですが、完全に手が出ないという値段ではないようですね。

余談ですが、メガロドンの化石は日本では古くから「天狗の爪」とされていました。巨大な歯を見た昔の人々はそれを物の怪のものだと考えたんですね。天狗については関連記事でまとめています。

関連記事:天狗の種類とその正体!今も語り継がれる大妖怪の伝説とは

出典:en.wikipedia

スポンサーリンク



 

メガロドンは生存している?

海洋生物は陸上生物に比べて環境の影響を受けにくいため、古代鮫のメガロドンも生き残っている可能性が高いといわれています。事実、恐竜よりもずっと昔に誕生したシーラカンスは深海に適応することで現代まで生き残ることができました。

メガロドン 生存

この事からメガロドンなどの古代生物が深海に生息している可能性も決して低くありません。また、メガロドンとしか思えないような巨大なサメが数多く目撃されています。次項では目撃されたメガロドンと思われる生物についてご紹介していきます。

出典:en.wikipedia,chris-bennier

 

メガロドンの目撃談

1942年に南アフリカのケープタウン沖でドイツ海軍船と一緒に巨大な生物が撮影されました。海面から覗いた背びれと尾びれを軍艦と比較したところ、その大きさは20mに達することがわかりました。特徴的な姿からこの生物は巨大なサメだと考えられています。これほど大きさなサメであれば生存したメガロドンだと考える方が自然ではないかといわれています。

メガロドン 目撃

同じく南アフリカ沖でクジラを襲う巨大なサメが目撃されました。撮影された写真に写った背びれは海面から出ている部分だけでも2m近くになる巨大なものです。この巨大ザメもメガロドンなのではないかといわれています。

メガロドン 目撃談

また、ハワイの海岸では尾を食いちぎられたミンククジラの死体が打ち上げられました。巨大なクジラを襲うことができる捕食者として、やはりメガロドンの名前が上がっています。この他にも化石化していないメガロドンの歯が発見されたり、20mを超えるサメが衛星写真で撮影されていることから非常に巨大なサメが存在していることは間違いないようです。

メガロドン 目撃事例

出典:machiukezoo

 

メガロドンが撮影された映像

下の動画は深海で巨大なサメが偶然カメラに映り込んだ映像です。これがメガロドンではないかと世間を騒がせることになりました。

しかし、残念ながらこのサメはメガロドンではなく巨大なオンデンザメだったことがわかっています。しかし、深海にはこのような巨大ザメが多く生息していることから、メガロドンが生存していても不思議ではないといいます。

出典:WALLFREEtube

 

いかがでしたか?古代の海を支配していた巨大ザメのメガロドン。もし生き残っているのならその姿を見てみたいものですね。


スポンサーリンク




関連記事

  1. 三葉虫

    閲覧注意?三葉虫の奇妙な生態と絶滅の理由

  2. なんでそんなの付けちゃったの!意外に面白い恐竜の名前24

  3. アロサウルス

    ジュラ紀最強のアロサウルス!幻の名前やその身体能力に迫る

  4. 恐竜 最強

    最強の恐竜はこいつだ!太古の生態系王者に迫る

  5. ステゴサウルス

    草食恐竜ステゴサウルス!ゴジラのモデルで脳が2個って本当?

  6. モササウルス

    最強の海棲爬虫類モササウルス!その大きさや生態に迫る

  7. プテラノドン

    プテラノドンの生態と絶滅の秘密!飛べなかったって本当なの?

  8. 始祖鳥

    本当に最古の鳥類なの?始祖鳥の飛行能力と恐竜との関係

  9. トリケラトプス

    最新のトリケラトプス!消されそうになった大型草食恐竜の真実

スポンサーリンク


注目記事ピックアップ!

  1. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  2. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  3. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  4. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  5. ポルターガイスト現象 そんなことまで起きちゃうの!ポルターガイスト現象の恐怖
  6. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  7. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  8. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  9. 未確認飛行物体 目撃されるUFOは本物なのか?不思議なUFOの写真とその正体
  10. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20

合わせて読みたい特集記事!

  1. パラレルワールド パラレルワールドは存在する!行った人の体験談と行く方法
  2. デジャブ デジャブの原因は何?異世界との関係と起こりやすい人の特徴
  3. シリウス シリウスは超新星爆発するのか?最も明るい天体の真実12
  4. アテナ そもそもアテナって何者?美しき知略の女神の意外過ぎる真実8
  5. 太陽 特殊すぎる太陽の環境と謎!不思議で壮大な太陽の真実18
  6. 未来人 未来人の予言と書き込み!彼らは本当に未来から来たのか
  7. 宇宙人 宇宙人は存在する!エイリアンの種類とフェルミのパラドックス
  8. 深海魚 不思議な深海魚たち!怖いのキモいのかわいいの?
  9. サメの種類はこんなにある!不思議で奇妙な18のサメ
  10. タイタニック 真実 衝撃的!あなたを驚かせるかもしれないタイタニック号沈没の真実20

フォローして最新記事を受け取ろう!

人気記事ランキング!

  1. 未解決事件真相
  2. オーパーツ
  3. ブラックホールの中
  4. 未解決事件日本
  5. 未確認生物 発見
  6. 都市伝説 怖い
  7. 未確認生物
  8. 世界 謎
  9. 超能力 一覧
  10. 深海生物
  11. 神隠し
  12. 宇宙 謎
  13. 巨大生物 画像
  14. 危険生物
  15. 人類 滅亡
  16. パラレルワールド
  17. 人体冷凍保存
  18. ドッペルゲンガー
  19. 地球外生命体
PAGE TOP