人気記事 PICK UP!

信じられない!実在した古代の超巨大生物と奇妙ないきもの20

超巨大生物

これまで地球上では長い歴史の中で実に多種多様な生物が発生してきました。その多くは変化する環境に対応できず絶滅していきました。そんな彼らの中には現在の地球では考えられない姿形や大きさをしたものが多く存在します。
今回はそんな絶滅してしまった奇妙で驚きの生物たちを紹介します。
 
合わせて読みたい関連記事
人気の恐竜ランキング!検索数で見る有名な恐竜
恐竜の絶滅はなぜ起こった?怖すぎる大量絶滅の原因
最強の恐竜はこいつだ!太古の生態系王者に迫る

スポンサーリンク




 

1.始祖鳥

ギリシャ語で「初期の翼」または「最初の鳥」を意味するこの生物はジュラ紀中期の地球で暮らしていました。恐竜と鳥のハイブリッドのようなこの始祖鳥の発見によって恐竜と鳥の進化の関係が世に知られることになりました。

始祖鳥

2.デイノケイルス

1965年7月9日にモンゴルで発見されたデイノケイルスは前肢と椎骨の一部しか発見されておらず、長い間その正体は謎に包まれてきました。しかし、2006年に胴体の化石が発見されたことでどのような姿をしていたかわかるようになりました。ちなみに名前はギリシャ語で「恐ろしい手」を意味します。

デイノケイルス
 

3.デイノテリウム

約2,400万~約100万年前に生息したこの巨大な像の特徴はなんといっても下顎に生える2本の牙でした。発見された牙には摩耗した後が残っており、これによって土に埋まった植物の根を掘り返し食べていたのではないかといわれています。

デイノテリウム
 

4.ディモルフォドン

ディモルフォドンはジュラ紀に生息していた翼竜で、全長はおよそ1メートル、器用に動く棒のような長い尾を持っていました。名前のは「二形の歯」を意味し、魚、イカやトカゲを狩るために優れた視力と恐るべき爪を持っていました。

ディモルフォドン
 

5.ダンクルオステウス

ダンクルオステウスは地球史上最大の甲冑魚で全長は10メートル、体重は3.6トンもあったといわれています。この大きな身体と凶暴性から、デボン紀の海で生態系の頂点に立ってたと考えられます。

ダンクルオステウス
 

6.エラスモサウルス

最もよく知られている首長竜でもあるエラスモサウルスは白亜紀後期に生息していました。首の長さは8メートルと首長竜の中でも極めて長く、体長は約14メートルに達しました。身体の構造から速く泳ぐことはできず、長い首を器用に使って魚を捕っていたと考えられています。

エラスモサウルス
 

7.スカンソリオプテリクス

「登る翼」の異名を持つ彼らはスズメほどの大きさで、木登りに適した身体をしていました。身体には羽毛があり、始祖鳥よりもさらに原始的な生物だということがわかっています。

スカンソリオプテリクス

スポンサーリンク




 

8.ハルキゲニア

現代では考えられない形状をしたハルキゲニアは約5億年前のカンブリア紀に生息していました。ハルキゲニアには足のような長い触手が確認されていましたが、最近の研究でこれは実際に足だったことがわかりました。

ハルキゲニア
 

9.ヘリコプリオン

石炭紀から三畳紀にかけて生息していたこのサメは非常に巨大で、地球史上最大のサメとして当時の海に君臨しました。しかし、その大きさ以上に特徴的なのが電気丸のこを強く思わせる螺旋状に巻いた歯です。なぜこんな顔をしているかは学者の中でも意見がわかれる謎の多い生物です。

ヘリコプリオン
 

10.ウミサソリ

ウミサソリはオルドビス紀に出現した巨大な節足動物です。大きいものでは2.5メートルを超え、史上最大の節足動物として知られています。多くは浅海に生息していましたが、当時では珍しく陸に上がることもできました。

ウミサソリ
 

11.リオプレウロドン

ジュラ紀に生息したリオプレウロドンは当時海の生態系の頂点にいたといわれる首長竜の仲間です。首長竜の割には首が短いですが、全長は11メートルを超えていたと考えられます。また、泳ぐ力が非常に強く奇襲に有効な加速力はかなりのものでした。

リオプレウロドン
 

12.ロンギスクアマ

ロンギスクアマは三畳紀に生息し、特徴的な背中の突起は鳥の羽と同じ構造をしていました。この突起は木から木に飛び移るとき、パラシュートの役割をしていたと考えられています。この爬虫類は羽を持つ仲間の中でもっとも原始的な生物だといわれています。

ロンギスクアマ
 

13.メガラニア

およそ4万年前のオーストラリアに生息したメガラニアは史上最大のトカゲです。トカゲにも関わらず全長は7メートルもありました。

メガラニア
 

14.ニクトサウルス

ニクトサウルスは白亜紀に生息した翼竜の仲間です。「夜の爬虫類」の異名を持つこの翼竜は非常に大きなとさかを持っていました。このとさかにより器用に空を飛んだと考えられ水面上を滑空しながら魚をすくい獲って食べていました。

ニクトサウルス

スポンサーリンク




 

15.オパビニア

この奇妙な生物はカンブリア紀の海に生息していました。大きさは7センチほどでしたが、顔に象の鼻のような器官と5つの眼を持っていました。

オパビニア
 

16.プテロダウストロ

プテロダウストロは白亜紀の南米に生息していました。サイズとしては中型の部類ですが非常に大きな頭を持っていました。彼らの最も特徴的な部分はその下顎で、細長い針のような歯牙がブラシのように並んでいた。その密度は1cmあたり24本にもなり、下顎全体では1000本にもなりました。

プテロダウストロ
 

17.ケツァルコアトルス

白亜紀に生息した史上最大の翼竜であり、その体長は現代のキリンほどもありました。翼を広げるとその長さは18メートルに達しますが体重は100キロほどしか無く、上昇気流の力を借りずに空を飛ぶこともできました。

ケツァルコアトルス
 

18.シャロヴィプテリクス

シャロヴィプテリクスは三畳紀に生息した爬虫類で、後肢に張られた飛膜で滑空することができました。皮膜を持つ爬虫類の中でもっとも原始的な生物といわれています。

シャロヴィプテリクス
 

19.ステタカントゥス

このサメは体長1.8メートルと小さいタイプに分類されますが、背中には奇妙な突起を持っていました。この突起は巨大な捕食者と戦ったり、交尾に持ちいったともいわれていますが詳しいことはわかっていません。

ステタカントゥス
 

20.スミロドン

スミロドンはサーベルタイガーといわれる虎の仲間で、上顎には非常に長い犬歯を持っていました。彼らはこの牙と120°まで開く柔軟な顎で獲物を捕らえていました。大型の獲物を捕殺するために進化したこの牙と大きな前肢は速く走り回ることには向かず、後に進化した素早い肉食獣との生存競争に負け絶滅してしまいました。

スミロドン
 

いかがでしたか?巨大生物からヘンテコないきものまで、現代では存在自体が信じられないような生物たちをご紹介しました。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク



関連記事

  1. 恐竜 種類

    恐竜に種類なんてあるの?あなたの知らない古生物学

  2. 恐竜 名前

    なんでそんなの付けちゃったの!意外に面白い恐竜の名前24

  3. 魚竜

    絶滅した太古のハンター!魚類の生態と絶滅の秘密に迫る

  4. 首長竜

    首長竜は恐竜じゃない?太古の海最強の捕食者に想いを馳せる

  5. 恐竜 最強

    最強の恐竜はこいつだ!太古の生態系王者に迫る

  6. ティラノサウルス

    最新のティラノサウルス!恐竜王者の全てとその魅力に迫る

  7. 絶滅動物

    これ本当に存在したの?奇妙で不思議な絶滅動物20

  8. メガロドン

    太古の巨大鮫メガロドン!生存の可能性と目撃事例に迫る

  9. 翼竜

    太古の空の覇者翼竜!史上最大の飛行生物とその生態

おすすめ記事

  1. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20
  2. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  3. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  4. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  5. ジブリ 都市伝説 ファンは見ない方がいい?怖いジブリの都市伝説20
  6. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  7. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  8. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  9. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  10. 超巨大生物 信じられない!実在した古代の超巨大生物と奇妙ないきもの20

注目記事

  1. 人類 進化
  2. 恐竜 最強
  3. サメ 種類
  4. 動物 最強
  5. 恐竜

人気記事

  1. 未解決事件真相
  2. オーパーツ
  3. 未解決事件日本
  4. ブラックホールの中
  5. 未確認生物 発見
  6. 未確認生物
  7. 世界 謎
  8. 深海生物
  9. 宇宙 謎
  10. 未来人
PAGE TOP