人気記事 PICK UP!

海の未確認生物UMA!シーサーペントの真実と正体に迫る

シーサーペント

海のUMAシーサーペント!

シーサーペントは海で目撃されるUMA(未確認生物)の総称です。総称なのでひとつのUMAを指す言葉ではありません。目撃される時代や国によって証言は様々ですが、多くは細長い身体をしており、そのことから「大海蛇」とも呼ばれています。造船技術が発達した中世以降に目撃が多発しており、数あるUMAの中でも実在する可能性が高いものとして知られています。
今回は人気のUMA「シーサーペント」の目撃事例と正体についてご紹介します。
 
合わせて読みたい関連記事
発見された未確認生物!UMAだった不思議な動物たち
こんなにいるのか未確認生物!不思議で奇妙な謎の動物
未確認生物UMA!ネッシーの全てとその正体に迫る

スポンサーリンク




 

シーサーペントの目撃事例

シーサーペントは古来より世界中で目撃されています。発見される時代や場所によって証言内容も変わりますが、共通する点も多く存在します。ここではその中でも代表的な目撃事例をまとめています。

①ニューネッシー

1977年、日本の漁船「瑞洋丸」が漁の最中に謎の生物の死体を引き上げました。全長は10メートル、重さは1.8トン、首の長さは1.5メートルもありました。後に「ニューネッシー」と呼ばれるこの死体はかなり腐敗が進んでおり、あまりに臭いが強かったため船員はこれを海に投棄しました。ニューネッシーは鮮明な写真が撮影されており、世界中を騒がせる事態になりました。

ニュージーランド沖のニューネッシー

画像:nazotoki.com

ニューネッシーは撮影された姿から絶滅した首長竜の「プレシオサウルス」ではないかと考えられ、船員が採取していた細胞から詳しく調査されることになりました。調査の結果、これは海洋爬虫類ではなくサメの仲間に近いということがわかりました。そのため現在ではニューネッシーの正体は死んだウバザメだったとする見方が一般的になっています。しかし、古生物学者や動物学者の中には骨格がサメのそれとは全く違っていると主張している人もおり、UMAファンの中では依然人気の未確認生物として扱われています。
 

②モーガウル

「モーガウル」はイギリスのファルマス湾で目撃されるシーサーペントです。体長は6~12メートルほどとされており、頭には角が生えているという目撃情報もあります。モーガウルには現地の言葉で「海の怪物」という意味があり、古来から目撃されてきたといいます。

モーガウル

画像:51qu.me

目撃されるモーガウルの姿は海蛇や首長竜のようだったといわれており、中には長い首にはたてがみ、背中にはコブがあったという証言もありました。モーガウルは1975年に初めて目撃され、それ以降は頻繁に目撃報告が挙がっています。また、不鮮明ながら写真も撮影されています。
 

③チェッシー

「チェッシー」はアメリカのチェサピーク湾で目撃される謎の巨大生物です。大きさは3~12メートルと目撃情報によりかなりの差がありますが、頭はボールのように丸く背中はにコブがあるという点で一致しています。非常にたくさんの目撃情報があるシーサーペントで、蛇のような細長い体でくねくね泳ぐといわれています。

チェッシー

画像:chahoo.jp
 

④イベリアン号のシーサーペント

イベリアン号のシーサーペントは、1915年にドイツの潜水艦がイギリスの「イベリアン号」を撃沈したときに、その爆発で海中から姿を現したといわれている謎の巨大生物です。この生物はワニのような体をしており、大きさは20メートルほどだったと6人の乗組員が証言しています。このシーサーペントは海面から30メートル以上飛び上がり、頭は細長く、肢には水かきがあったそうです。戦闘中だったためカメラで撮影する暇などなく、一度海に潜るとその後は海面に姿を現さなかったといいます。

イベリアン号のシーサーペント

画像:blogs.yahoo.co.jp/to7002

スポンサーリンク




 

⑤アン岬のシーサーペント

1639年にマサチューセッツ州のアン岬でもシーサーペントが目撃されました。アメリカで最初に目撃されたシーサーペントだといわれており、イラストも描かれています。

アン岬のシーサーペント

画像:wikipedia
 

⑥ハンス・エジトのシーサーペント

ハンス・エジトのシーサーペントは、1734年にグリーンランドでハンス・エジトによって発見された謎の水棲生物です。ハンスは蛇のように細長く毛が生えた体をした怪物が頭から潮を吹いたと記録しています。特徴と目撃場所などから大型のイカを見間違えたのではないかとともいわれていますが、イカに毛は生えていません。

ハンス・エジトのシーサーペント

画像:wikipedia
 

⑦グロスター湾のシーサーペント

グロスター湾では1600年代からシーサーペントが多く目撃されてきました。その体は蛇のように長く、ヘビやカメのような頭部をしているといわれています。目撃されるシーサーペントの大きさは様々で3~20メートルとかなり開きがあります。グロスター湾のシーサーペントは数百人以上に目撃されており、何かしらの巨大生物が生息していることは間違いないようです。

グロスター湾のシーサーペント

画像:wikipedia

スポンサーリンク




 

シーサーペントの正体

シーサーペントの目撃情報は実に様々で、ワニのような形でカメのような頭をしていたという爬虫類的特徴や、毛が生えていて潮を吹いていたなどの哺乳類的特徴のものまで幅広くあります。またシーサーペントの多くは非常に巨大です。ここでは海棲UMAシーサーペントの正体についてよく語られる仮説をまとめています。

①イカ・タコ説

イカやタコなどの無脊椎動物は成長すると非常に巨大になるため、これらが正体ではないかとする説です。実際に20メートル近いダイオウイカは肢を広げた長さが30メートルに達し、海面が鮮明でない場合には巨大な怪物のように見えるといいます。マッコウクジラに巻き付くシーサーペントが目撃されたことがありましたが、ダイオウイカだったのではないかと考えられています。古い時代の目撃情報ではシーサーペントが船に巻き付くという証言が多いですが、これにも説明が付きます。

大型無脊椎動物説

画像:wikipedia
 

②ステラーカイギュウ説

ステラーカイギュウは1768年に絶滅したとされている巨大な海棲哺乳類です。体長は9メートル、体重は13トンにもなる巨大なジュゴンで、毛が生え潮を吹いているように見えるなどの特徴にも当てはまります。また、ジュゴンは人魚に見間違えられていたことから泳いでいる姿などから正確な姿を想像しにくい動物です。近年でも目撃情報があることから絶滅していないのではないかとの意見もあるそうです。

ステラーカイギュウ説

画像:wikipedia
 

③巨大ウナギ説

ウナギは環境の影響を受け、巨大化する可能性がある生物です。事実3.6メートルのウナギが捕獲されたこともあります。ウナギは幼体(レプトケファルス)と成体の大きさの差が30倍あるといわれていますが、環境変化の影響か1960年代には12メートルのレプトケファルスが見つかっています。この個体が順調に成長していれば数十メートルの成体になっていたといわれており、巨大な個体さえ存在すればシーサーペントの特徴に酷似しています。

巨大ウナギ説

画像:wikipedia
 

④リュウグウノツカイ説

最近ではすっかり有名になったリュウグウノツカイですが、少し前までは「幻の魚」といわれるほど珍しい魚でした。リュウグウノツカイは10メートル以上に成長し、蛇のように細長い形状をしています。深海に生息するリュウグウノツカイは現地の人々に知られておらず、偶然発見した人がシーサーペントだと勘違いしたという説です。

20160613205712

画像:animalworld.com
 

いかがでしたか?現在ではシーサーペントの正体はリュウグウノツカイだとするのが一般的なようです。しかし、証言される特徴全てを説明できる生物は発見されていません。シーサーペントと呼ばれる未確認生物が存在する可能性はまだまだ低くないのです。

出典:wikipedia

スポンサーリンク



関連記事

  1. ネッシー

    未確認生物UMA!ネッシーの全てとその正体に迫る

  2. ツチノコ

    未確認生物UMA!ツチノコの正体に迫る

  3. 妖怪

    日本のUMA妖怪!各地に伝わる有名な妖怪一覧

  4. 未確認飛行物体

    こんなの見たことある?UFOの目撃事例と正体

  5. 未確認生物 発見

    発見された未確認生物!UMAだった不思議な12の動物たち

  6. 宇宙人

    宇宙人は存在する!エイリアンの種類とフェルミのパラドックス

  7. スフィンクス

    神話の怪物スフィンクス!その謎と各地に残る伝説

  8. チュパカブラ

    怖すぎる未確認生物UMA!チュパカブラの正体6

  9. 未確認生物

    こんなにいるのか未確認生物!不思議で奇妙な謎の動物20

おすすめ記事

  1. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20
  2. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  3. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  4. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  5. ジブリ 都市伝説 ファンは見ない方がいい?怖いジブリの都市伝説20
  6. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  7. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  8. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  9. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  10. 超巨大生物 信じられない!実在した古代の超巨大生物と奇妙ないきもの20

注目記事

  1. 人類 進化
  2. 恐竜 最強
  3. サメ 種類
  4. 動物 最強
  5. 恐竜

人気記事

  1. 未解決事件真相
  2. オーパーツ
  3. 未解決事件日本
  4. ブラックホールの中
  5. 未確認生物 発見
  6. 未確認生物
  7. 世界 謎
  8. 深海生物
  9. 宇宙 謎
  10. 未来人
PAGE TOP