人気記事 PICK UP!

移住計画にピラミッド!あなたの知らない火星の真実20

火星

火星

地球と同じ太陽系に位置する惑星「火星」。火星は人類の惑星移住の候補になっていたり、太古の昔に知的生命体がいたとされているなど非常に興味深い惑星です。
今回はそんな火星ついて環境や地形、移住計画にピラミッドまでご紹介していきます。

 
合わせて読みたい関連記事
特殊すぎる太陽の環境と謎!不思議で壮大な太陽の真実
月の謎やアポロ計画!身近な月の奇妙な真実
超高温度に異常な気圧!過酷すぎる金星の真実

スポンサーリンク




 

①火星とは

火星は地球と同じ太陽系の惑星で太陽から四番目の位置を公転しています。地球型惑星に分類されており主に岩石や金属などで構成されている惑星です。火星は赤色に見えることから「レッド・プラネット(赤い惑星)」と呼ばれることもあります。

火星とは
画像:NASA

 

②火星が赤色の理由

火星はその表面に海が存在せず、酸化した鉄が含まれる岩石などが地表を覆っています。そのため火星を宇宙から見るときれいな赤色に見えるのです。また、火星の空が赤いというのは探査機が撮影した写真の精度によるもので、実際は地球と同じように青い色をしているそうです。

火星 赤色
画像:NASA

 

③火星の大きさ

火星の直径は6,779 kmほどで質量は地球の1/10ほどしかありません。表面積は地球の1/4ほどですが、これは海洋を除いた地球の陸面積(1.5億km2)と同程度の大きさです。太陽系最小の惑星である水星と最大の惑星である木星については関連記事でまとめています。

関連記事:太陽が逆行する奇妙な星!未知なる水星の真実
関連記事:木星の生命にオーロラも!ロマンあふれる木星の真実

火星 大きさ
画像:Scooter20

 

④火星の重力

火星の重力は地球の40%の3.711 m/s²ほどしかありません。また、火星の重力を計測したところ場所によってバラつきがあり、山脈では重力が大きく、峡谷では重力が小さいことがわかっています。過酷すぎる惑星環境を持つ金星については関連記事でまとめています。

関連記事:超高温度に異常な気圧!過酷すぎる金星の真実

火星 重力
画像:NASA

 

⑤火星での一日の長さ

火星の自転する時間は地球にとても近く、一日の長さは24時間39分35.244秒です。一日の時間が地球と40分しか違わないため火星は地球人にとって住みやすい星だと考えられており、惑星移住のためのテラフォーミング(惑星地球化計画)の最有力候補となっています。

火星 一日の長さ
画像:ESO/M. Kornmesser

 

⑥火星の季節

火星は自転軸を傾けながら公転しているため季節が存在します。また、地球と同じように四季(春夏秋冬)も存在しますが、地球よりも季節による環境変化が大きいといわれています。

火星 季節
画像:pixabay

 

⑦火星の温度

火星の平均気温はマイナス43℃とかなり低くなっています。また、季節や場所によっての温度変化が激しくマイナス130℃~20℃ほどとバラつきがあります。最高の表面温度は20℃まで上がりますが、基本的には寒冷な気候だといえます。氷の火山を持つ不思議な冥王星については関連記事でまとめています。

関連記事:氷の火山に巨大衛星!惑星でなくなった冥王星の真実

火星 温度
画像:pixabay

スポンサーリンク




 

⑧火星の大気

火星の大気は非常に薄く、大気圧は地球の0.75%程度しかありません。これは火星の重力が地球に比べて弱いことが原因で、大気の保温効果が低いため先述したような寒冷な気候を作り出すことになりました。大気の95%が二酸化炭素であり、他にも窒素や酸素などを含んでいます。保温効果の高い二酸化炭素も低重力のために宇宙空間へ流れ出してしまいます。太陽系最速の風が吹く海王星については関連記事でまとめています。

関連記事:氷のマントルに太陽系最速の風!美しい海王星の真実

火星 大気
画像:NASA

 

⑨火星までの距離

地球から火星までの距離はふたつが最も接近するタイミングで8000万kmほどになります。これは約4光分にあたり光の速さで4分あれば到達できる距離になります。高速のロケットで移動した場合は半年あれば火星に行くことができる計算です。

火星 距離
画像:pixabay

 

⑩火星の地形

火星の北半球には溶岩でできた平原が広がっています。逆に南半球では隕石の衝突などによってできたクレーターが多く存在しており、山や峡谷が広がっています。火星の地表は海や陸として見立てられている部分も多く、アレス峡谷やシレーヌス(セイレーン)の海などギリシャ神話にちなんだ名前が付けられています。ダイヤモンドの海が存在する天王星については関連記事でまとめています。

関連記事:ダイヤモンドの海に長すぎる昼夜!神秘的な天王星の真実

火星 地形
画像:pixabay

 

⑪火星の山

火星には標高27kmというとてつもない高さの山「オリンポス山」が存在します。オリンポス山は太陽系最高の山として知られており、タルシス高地と名付けられた高山地帯に位置しています。このタルシス高地にはオリンポス級の山々が立ち並んでいます。ちなみにオリンポス山の名前の由来は、火星がまだ望遠鏡でしか観測できなかった時代にこの山が雪原のように白く見え「オリンピア雪原」と呼ばれていたことに起因します。

オリンポス山
画像:NASA

 

⑫火星の谷

火星には山だけでなく太陽系最大の峡谷も存在します。マリネリス峡谷はその長さが4,000kmにもなり、深さは7kmにも達します。1971年に火星探査機マリナー9号が発見したことからこの名前が付けられました。

マリネリス峡谷
画像:NASA

 

⑬火星の湖

2005年にはマーズ・エクスプレス探査機が火星に存在する巨大な湖を撮影しました。この湖は直径35km、深さ2kmのクレーターに氷が張ったものであることがわかっています。同様のものは火星の様々な場所で発見されていますが、火星では大気の関係から水蒸気圧が非常に小さく直ぐに蒸発してしまうため、存在する水のほとんどは凍った状態となっています。

火星 湖
画像:NASA

 

⑭火星の水

火星の水の大部分は凍っているといわれていますが、液体の水も存在することがわかっています。火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影した画像には水が流れる様子が写し出されていました。この水は地球に存在するような純粋とは違い水分を含んだ塩のようなものであることがわかっています。これらは海水が蒸発した証拠になると考えられており、地中から地表面に染み出てきたものであると考えられています。巨大なのに水に浮く奇妙な土星については関連記事でまとめています。

関連記事:巨大なのに水に浮く?不思議で奇妙な土星の真実

火星 水
画像:NASA

スポンサーリンク




 

⑮火星の生命

液体の水が存在することから火星に生命が存在する可能性は非常に高いといわれています。火星は太古の昔には地球に近い環境であったと考えられており、現在でも微生物などの生命が生息していてもおかしくはないといいます。これまで火星の岩石や土壌にから生物がいた証拠がいくつか報告されていますが、学術的合意には至っていません。しかし、火星が生命の生息に適した環境であることは間違いなく、地球からの移住計画も進行しています。生命の父ともいえる太陽の謎や特殊な環境は関連記事でまとめています。

関連記事:特殊すぎる太陽の環境と謎!不思議で壮大な太陽の真実

火星 生命
画像:Henrique Alvim Correa

 

⑯火星への移住計画テラフォーミング

先述したとおり火星は地球に非常に似た環境であることから地球人の移住先として候補に挙がっています。また、オランダの民間営利団体「マーズワン財団」は2025年に向けて火星移住計画を進めており、移住者を一般応募から募っています。しかし、他惑星であるため移住計画を進める上での問題点も指摘されています。例えば、火星は重力が地球の40%しかないため健康上の被害が発生する可能性があります。また、地球に比べて太陽から遠いため太陽光エネルギーが少ないことも人体に悪影響を及ぼすかもしれません。さらには磁気が弱いため地表は放射能や有害な太陽風の影響を強く受けることになります。

火星 移住
画像:NASA

そこで考えられているのが火星を地球に近い環境に作り変えるテラフォーミング(惑星地球化計画)です。火星は大気中の二酸化炭素量が膨大なため植物を育てることが可能だといわれています。植物が生息できれば私たち人類や地球の生物に必要不可欠な酸素を生み出すことができます。また、熱エネルギーがあれば氷から液体の水を得ることができ、寒冷な気候にも対応することが可能です。有毒な放射能や太陽風も屋内での活動を前提に対応し、科学技術を応用すれば防ぐことができるようになるといわれています。人口の増加や地球環境の破壊が深刻化している現在において、他惑星への移住は人類にとって非常に重要な課題なのです。

 

⑰火星の月 衛星フォボスとダイモス

火星にはフォボスとダイモスというふたつの月(衛星)が存在します。フォボスはギリシア神話の神ポボス、ダイモスは神デイモスからその名前が付けられました。フォボスは太陽系の中で最も惑星の近くを周回する衛星であり、火星から6,000kmの距離に位置しています。ダイモスは他に比べて密度が小さく、氷を含んだ衛星であると考えられています。地球の衛星である月の謎については関連記事でまとめています。

関連記事:月の謎やアポロ計画!身近な月の奇妙な真実

火星 衛星 フォボス
画像:NASA

火星 衛星 ダイモス
画像:NASA

 

⑱火星のピラミッド

火星で撮影された写真の中にはピラミッドと見られる建造物が映り込んでいるものが存在します。科学者のあいだではこれらは自然にできたものとされていますが、周りの岩に比べると明らかに違和感があります。また、1976年にNASAの火星探査機バイキング1号が撮影した写真にはエジプトの三大ピラミッドのように等間隔で並ぶピラミッドも写っていました。

火星 ピラミッド
画像:huffingtonpost

 

⑲火星の文明

火星にはピラミッドの他にも人工物と思われる人面岩やモノリス(人工的に配置された石)などが確認されています。オカルト的目線になりますが、これらはすでに滅んでしまった火星の古代文明が作ったものではないかという説もあります。仮に地球で人類が滅んだとしても、同じようにエジプトのピラミッドは非常に長い間壊れずに残るといわれています。

火星 文明
画像:NASA

 

⑳火星の蛇

2016年9月にNASAから公開された火星の画像に蛇のような細長い生き物が写り込み世界中を騒然とさせました。これはNASAの火星探査機キュリオシティが撮影した画像で、確かに周りの岩とは明らかに違う細長いものが写っています。研究者は岩場のひび割れが光の加減で強調されたものではないかとしつつも、これが生物である可能性についても発言しました。

火星 蛇
画像:dailystar

「現在の火星の環境から考えると蛇のような複雑な生物が生息することは難しいと思われますが、太古に生きていた生物の化石だと考えるなら十分に可能性があります。過去の火星の環境から予想するとウミヘビやウナギのような生物の化石であっても不思議ではありません。」。今後も火星の観測が進み宇宙の化石が発掘できるようになれば、火星の生命の秘密も明らかになっていくはずです。

出典:wikipedia

 

いかがでしたか?地球と同じ太陽系に位置する火星。私たち人類が火星に移住する日はそう遠くなさそうです。

スポンサーリンク



関連記事

  1. 世界 謎

    未だに解明できていない!世界に残された謎12

  2. タイタニック 真実

    衝撃的!あなたを驚かせるかもしれないタイタニック号沈没の真実20

  3. 地球外生命体

    地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星

  4. 世界 絶景

    世界の絶景!カラフルすぎる都市の画像15

  5. 水星

    太陽が逆行する奇妙な星!未知なる水星の真実14

  6. 都市伝説 ディズニー

    ディズニーの都市伝説!アニメやランドの怪しい噂

  7. 未解決事件日本

    閲覧注意!日本で起こった謎の未解決事件12

  8. 土星

    巨大なのに水に浮く?不思議で奇妙な土星の真実18

  9. ミステリーサークル

    驚異のミステリーサークル!その真実と残された謎に迫る

おすすめ記事

  1. 人類 滅亡 こんな死に方したくない!予想される人類滅亡の原因20
  2. ドッペルゲンガー ドッペルゲンガーの正体と実例!突然現れるもう1人の自分
  3. 人体冷凍保存 これ本当に生き返るの?人体冷凍保存の事実
  4. 地球外生命体 地球外生命体は存在する?地球以外の奇跡の惑星
  5. ジブリ 都市伝説 ファンは見ない方がいい?怖いジブリの都市伝説20
  6. 超能力 一覧 あなたはどの能力が欲しい?色々あるよ世界の超能力一覧
  7. 恐竜 絶滅 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因7
  8. 都市伝説 怖い 怖い都市伝説!あなたを驚かせるかもしれない意外な噂9
  9. 危険生物 危なすぎる!戦わずに逃げた方がいい超危険生物25
  10. 超巨大生物 信じられない!実在した古代の超巨大生物と奇妙ないきもの20

注目記事

  1. 人類 進化
  2. 恐竜 最強
  3. サメ 種類
  4. 動物 最強
  5. 恐竜

人気記事

  1. 未解決事件真相
  2. オーパーツ
  3. 未解決事件日本
  4. ブラックホールの中
  5. 未確認生物 発見
  6. 未確認生物
  7. 世界 謎
  8. 深海生物
  9. 宇宙 謎
  10. 未来人
PAGE TOP